生産技術のコンサルタントです。


[おしらせ]

【2020年10月 新着】技術士1次試験過去問解説アップしました

◆10月1日

日刊工業新聞社さん主催で12月4日にセミナーやります。

「失敗しない!自動化設備開発 勘所」

  

◆ニュース 8月28日書籍発売いたしました!

「設計の業務課題って、どない解決すんねん!」

【書籍サポート】ページへ

 

◆ブログ新着記事 

【技術士1次試験直近の過去問解説】 New!

 

技術資料一覧へ 

 


【過去のニュース】

2018年3月25日 認定NPO法人フローレンスさんのインタビュー記事が公開されています。

インタビュー記事へ

  

自己紹介写真です。
はじめまして失敗しない自動化設備開発の専門家、春山周夏です。
日刊工業新聞社の機械設計にて連載中の「失敗しない!自動化設備の開発 虎の巻!」です。
日刊工業新聞社「機械設計」

【コンサル業務について】

生産現場の改善、自動化、IoT化、テーマはあるがなかなか思うように進まない。具体的に何をすればよいか分からない。とお困りの方、一緒に現場の改善に取り組みましょう。

 

私自身は生産技術者として働き出して若手から中堅、30歳くらいまでは生産設備の設計開発・改造設計に取り組んでいました。具体的には次のようなテーマです。

・台形ねじを使った搬送テーブルにセンサーを付けて搬送速度の上下限監視とデータ取得機能を追加改造。

・CVD装置の要求性能、動作、設定項目、などの仕様をまとめて発注。

 

30歳を超えてから35歳くらいまでは工場の大型機械(クレーンのようなものをイメージしてください)の搬入、据付、解体、あるいは工場排気の大径ダクト(直径5mを超えるようなもの)の更新工事において重機計画などの技術的な検討と施工計画、進捗管理などに取り組んでいました。

 

35歳超えて40手前くらいまでは協働ロボットを使った全自動組立ラインの構築に取り組み、ラインが量産フェーズに入った段階で独立開業しました。

 

このような経験を活かして製造業の現場改善コンサルをやらせていただいております。

思うように現場の改善が進まない。自動化やIoT化に取り組みたいけれど何から始めればよいか分からない。テーマごとに担当を決めたけれど進まない。とお困りの方いらっしゃいましたらお声がけください。

一緒にそのテーマを完成させましょう。よろしくお願いいたします。

【お問合せはこちら】 

✉haruyama@haruyama-ce.com

 


◆コンサルタント業務 オンラインコース

ビデオ会議システム(zoomなど)によるオンラインコンサルです。

通常1回当たり1時間 :2万円

初回1時間      :無料 

◆コンサルタント業務 お試しコース

1日のみのご訪問指導(1回のみ) : 5万円(2時間) 交通費別途請求

ただしご契約いただけた場合は、無料(交通費のみ別途請求)といたします。

契約のご検討をいただく際にご利用ください。

◆コンサルタント業務 標準

月2回の訪問 1回当たり6時間 30万円(+消費税)

月2回の訪問 1回当たり4時間 20万円(+消費税)

月1回の訪問 1回当たり6時間 15万円(+消費税)

月1回の訪問 1回当たり4時間 10万円(+消費税)

 

交通費などの経費は別途実費精算させていただきます。

 

最短契約期間は1カ月から可能です。

短期集中対応などもご相談ください。

 

◆電話・メール相談

電話30分 5,000円 

 ①メールで相談電話の日時をご連絡いただく。

 ②24時間以内に返信いたします。ここで日時決定。

 ③お振り込みいただいた後に、日時になりましたらお電話ください

 

メール1往復 5,000円

 ①メールで相談メールの日時をご連絡いただく。

 ②24時間以内に返信いたします。ここでメールやり取りの日時決定。

 ③お振り込みいただいた後に、日時になりましたら相談メールをください。

  こちらも基本的には24時間以内に返信いたしますが、内容によっては

  時間がかかる場合があります。

  その場合、返信がいつになるかの予定をまずは返信させていただきます。


お問い合わせはこちら ←クリック


 月一ペースでメルマガを配信しています。

 登録は左のQRから、もしくは下記リンクからお願いします。

 

  メルマガ登録フォームへ←クリックしてください