· 

フローチャートの描き方その2 自動機の段取りを表現しよう!

◆自動機設計で失敗しないためにフローチャートを描こう。

◆フローチャートを描くことで得られる3つの効果

フローチャートってシステム屋さんが書くやつちゃうの?

違います。違わないけど。確かにシステム屋さんも書きますけど、メカ屋も自動機を設計するときにはフローチャートを作る必要があります。フローチャートが無ければその自動機がどのように動くのか?誰にもわかりません。その自動機がどのように動くのか?誰が見ても分かるようにフローチャートを作る必要があります。

 

【自動機のフローチャートを書くことで得られる効果]

①機械がどのように動くか、動かすか、明確になる。

フローチャートの描き方その1

②機械が行う作業と人間が行う作業が明確になる。 

⇒フローチャートの描き方その2(今回の記事)

③あるポイントをおさえて描けば「動作中の機械の状態を明確にする」ことができる。

 

◆人が行う作業と機械が行う作業の範囲を明確にする。

機械は人が段取りを行って初めて動くものです。段取りまで含めたフローチャートを書くことで、その機械がどこまで自動で作業を行って、どこからが人が行う作業なのかがはっきりします。

 

フローチャートの描き方その1で見たフローチャートにあった[ねじ締め機動作]サブルーチンを示した図1を見ていきます。

ねじ締め機、に限らず自動機械は買ってきて置くだけでは動いてくれません。

 

最初に太字で示しているような機械の設定をします。

機械のセットアップですね。

・機械の原点位置

・動作位置

 (ねじを取る位置とねじを締める位置)

・ねじ締め自体の設定。

 回転数やトルクなど

参考:図2

 

次に実際に使う際に、段取りを行います。

・ねじが供給機に入っていなければ入れます。

・今日は何作るのかな?

 =製造計画を確認します。

・製品Aの設定ってどうだったかな?

 =設計指示書を確認します。

・製品Aの条件をモニタなどの入力機器で入力します。

 

設定と段取りが終わったらあとはモノがくるのを待つのみです。

搬送機側からワークが来たと信号が来たら、さあねじ締め開始です。

 

もっと自動化を進めたい場合は、段取り部分を自動でできるシステムを考えていけばいいですよね。

 

人が行う作業つまり段取りと機械が自動で行う作業の範囲をフローチャートで明確にします。
段取を含めてフローチャートで表す。

図1 段取を含めたフローチャートの例

 

コンベア上をワークが流れてきて、自動で停止・位置決めされてねじ締め機がねじを締めます。ねじの補充や機械の設定は人が行います。
自動ねじ締め機の例

図2 自動ねじ締め機の例


お問い合わせはこちらまで ✉haruyama@hauyama-ce.com

 

失敗しない!自動化開発シリーズで詳細解説いたします。

セミナー情報 予定/実績

次回は自動機 機械設計のポイント、位置決めの解説です。

前回はフローチャートの描き方その1の解説です。

 

技術資料一覧へ