生産技術

生産技術 · 06日 4月 2020
私は新卒のころから生産技術者として7年目で技術士(機械)を取得しました。 モノづくりの現場において生産技術は非常に重要なポジションです。そんな生産技術のお仕事は4つです。 1.どうやって創るか検討する。 2.試しに作ってみる。 3.製品として造る。 4.安定して造る。

生産技術 · 03日 4月 2020
いまさら改めて言うまでもないことですが、製造現場の自動化設備をどんどん進めないとヤバいです。日本では人手不足の解消は見込めないですし、中国も5年前には15歳~65歳の生産年齢人口が減少し始めています。では次はどこでしょうか。インド?東南アジア?アフリカ?世界を渡り歩くのもいいですが、自動化設備してしまえばどこでも好きな場所で生産活動が行えます。  「人や国・地域に依存しない生産体制を築くこと。」 これが自動化設備開発の最大の目的です。

生産技術 · 27日 3月 2020
アナログ信号を利用したフィードバック制御で良く使用されるものにPID制御があります。 PIDとは比例・積分・微分を使った制御のことですが、本記事では一切計算式が出てきません。式を使わずにPIDとはどういうものか?どのように使えばよいのか?を解説しています。

生産技術 · 25日 3月 2020
アナログデータを扱ったフィードバック制御と言えばPID制御が有名ですがその前に基本のON・OFFを押さえましょう 基本のON・OFF制御でもやり方によっては精度よく制御が行うことができます。

生産技術 · 24日 3月 2020
アナログ信号を扱うことでフィードバック制御が出来るようになります。アナログデータを取得して制御に利用しましょう。アナログデータを制御に利用するにはデジタル値に変換する必要があります。

生産技術 · 23日 3月 2020
自動ねじ締め機のフローチャートを見てみましょう。 スタートしてすぐにワーク到達在荷センサーでの判定があります。 その後の処置、ワークリフト上昇、ストッパ下降、などそれぞれの作業の完了未完了を機械はどのように判別すればよいのでしょうか? センサーを使います。センサーは大別してデジタル信号センサーとアナログ信号センサーがあり

生産技術 · 18日 3月 2020
ピック&プレイス(P&P)などを行う産業用や協働ロボットの動作にアーチモーションを取り入れると1作業のサイクルタイムが6.0秒から5.25秒に、12.5%の効率アップ!設計者ならこの12.5%を計算で出してみましょう。

生産技術 · 14日 3月 2020
機械は人が段取りを行って初めて動くものです。段取りまで含めたフローチャートを書くことで、その機械がどこまで自動で作業を行って、どこからが人が行う作業なのかがはっきりしますよね。

生産技術 · 12日 3月 2020
フローチャートってシステム屋さんが書くやつちゃうの? 違います。違わないけど。確かにシステム屋さんも書きますけど、メカ屋も自動機を設計するときにはフローチャートを作る必要があります。フローチャートが無ければその自動機がどのように動くのか?誰にもわかりません。その自動機がどのように動くのか?誰が見ても分かるようにフローチャートを作る必要があります。

生産技術 · 11日 3月 2020
◆保全ってなんやねん?! 不良が出る前に保全活動を行い、不良ゼロを達成しようというものです。 さてここで保全活動とは健「全」な状態を「保」つ活動のことを言います。ここではもう少しわかりやすくかみ砕いて、設備の「点検」と「調整」を合わせた活動のことと定義します。

さらに表示する